70代のコンシーラ選びのポイント

コンシーラの目的はトラブルをうまく隠すことです。

シミにはペンシル、くすみにはスティックタイプが使いやすい

ですから自分がどんな肌トラブルを抱えていてどうすればうまく隠すことができるのかをよく踏まえたうえで製品を選んでいくことが重要です。

 

70代にもなるとさまざまな肌の悩みを抱えるものですし、その内容もひとそれぞれ。自分の肌をよく把握した上で自分なりの基準で選んでいくことが求められます。

 

まずコンシーラーがもっとも活躍するシミ・くすみ対策における選び方。

 

シミはピンポイントにカバーする一方くすみは広範囲でカバーするという大きな違いがあるため、どちらを重視するかで選び方にも違いができます。

 

ピンポイントでカバーするシミ対策ではペンシルタイプが適しています。

 

70代のシミは色が濃くなっていることが多いのでどうしても明るい色で隠してしまいたくなるものですが、それでは不自然な仕上がりになってしまいがち。

 

基本的には肌よりもやや暗めのカラーでカバーしていきましょう。

 

くすみの場合はペンシルタイプよりも広い範囲をカバーしやすい、それでいて細かな作業もできるスティックタイプがオススメです。

 

こちらはシミの時に比べてやや明るめのカラーを選ぶと自然に仕上げやすくなります。

 

もうひとつ年齢肌にとってのコンシーラーの活躍どころ、ほうれい線対策ではシワに合わせて塗りやすいリキッドタイプが適しています。

 

ほうれい線の深さや目立つ程度に合わせてカバー力の優れたものを選びましょう。

 

ほうれい線は影を作ってしまうことも多いのでカラーは肌の色よりもやや明るめのものを選ぶとうまくバランスがとれます。

 

ほうれい線は70代のもっとも大きな肌の悩みのひとつだけに入念にチェックした上で自分にピッタリあったカラーを選びたいところです。

目の下のクマはタイプによってもカラーの選び方が異なる

目の下のクマに悩まされている方も多いはず。このクマに関してはタイプによってコンシーラーを選ぶ基準が異なってきます。

 

とくに70代に多いのが皮膚がたるんで影ができることで生じる「黒クマ」です。

 

これをカバーするためには無理に明るい色を使うのではなくできるだけ肌に近いオークル系やベージュ系がオススメです。

 

またパールが入っていると光をうまく取り込んでくれる効果で影を目立たなくさせることができます。

 

たるみによるクマは改善そのものが難しいだけにコンシーラーでうまく隠せる環境を作っていきたいところです。

 

また年齢を重ねると多くなるもうひとつのクマが血行不良による「青くま」です。

 

こちらはかなり明るめ、オレンジ系やピンク系を違和感がない範囲名でうまく目の下に乗せて目立たなくさせましょう。

 

このように70代のコンシーラー選びは肌の悩みによって選び方・使い方が異なってきます。

 

それだけにまず自分がコンシーラーで何をしたいのかをしっかり把握し、優先順位をつけたうえで製品選びを行っていくことが重要になってくるでしょう。

隠したい肌トラブル おすすめなコンシーラーの種類 おすすめなカラー
シミ ペンシルタイプ やや暗めのカラー
くすみ スティックタイプ やや明るめのカラー
ほうれい線 リキッドタイプ やや明るめのカラー
(たるみによる)黒クマ -------------- オークル系・ベージュ系のカラー
(血行不良による)青クマ -------------- オレンジ系・ピンク系のカラー

コスメルジュ編集部が選んだ70代におすすめの化粧品>>

コスメルジュ編集部厳選!70代で使いたい人気化粧品

B.Aベーシックセット(トライアルセット)

B.Aベーシックセット

2週間でここまで変わる!エイジングケアのTopブランドB.Aの効果をラインで贅沢に
2週間お試しセット11,000円・税込 ※通販限定
詳しくはこちら!!>>

資生堂 プリオール(トライアルセット)

シミ・しわ・たるみ…大人の七難をケアして隠す70代のための資生堂のブランド
7日間お試しセット1,100円・税込 ※通販限定
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
詳しくはこちら!>>

サントリー エファージュ (トライアルセット)

70代の目元口元のたるみに効果的な奇跡の酵母エキスを配合した化粧品
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム ・洗顔料 ・保湿化粧水・美容液・保湿クリーム・日中用クリーム)
詳しくはこちら!>>