コスメルジュ編集部が選んだ70代で使ってみたいシャンプー

グローイングショット グラマラスケア シャンプー

髪のボリュームが無くなってきたら使いたい!ハリとコシを取り戻すシャンプー

グローイングショット グラマラスケア シャンプー

香りはポーラらしいお上品な香りなので70代が使っていてもきつくないです。キメの細かい泡で地肌までしっかり洗い上げることができ流すまでヘタレません。ドライヤーで乾かすとハリのある髪質になり、根元からふんわり立たせてくれます。また使えば使うほど抜け毛が減ったように感じます。

クレンジング発想で頭皮の汚れをしっかり落とすポーラのシャンプー。有効成分がダメージを内側から修復し、髪表面をコーティング。ハリとコシを与え根元からふんわり立ち上がるような仕上がりにしてくれる特徴があります。さらに頭皮を柔らかくほぐし、毛穴汚れも防いでくれます。髪のボリュームがダウンしてきた70代におすすめのシャンプーです。
3,190円・税込
公式HPへ

 

70代のシャンプー選びのポイント

70台のシャンプー選びでは「落とす」だけでなく「与える」ことも意識しましょう。

落とす効果を重視するとヘアサイクルに乱れが生じてトラブルを招く

シャンプーといえば当然汚れを落とすためのアイテムですが、年齢を重ねて頭皮や毛髪が老化の影響を受けている状態ではこの「落とす」シャンプーの効果がかえってダメージを与えてしまうこともあるからです。

 

シャンプーの問題点は汚れを落とすだけでなく頭皮に刺激を与えてしまったり、潤いを保つのに必要な皮脂まで洗い流してしまったりする点にあります。

 

その結果頭皮が乾燥状態に陥り、ヘアサイクルに乱れが生じて髪のハリ・コシの低下、さらには薄毛といったトラブルを引き起こすことになりかねません。

 

ですから70代のシャンプー選びでは頭皮の健康を改善・維持すること踏まえたうえで製品をチェックしていく視点が求められます。

 

まず血行不良を防ぎ、改善できるようなシャンプー環境を築けるかどうか。

 

血行が悪化すると発毛・育毛に必要な栄養と酸素が毛根にまで届きにくくなることでヘアサイクルが乱れる原因となります。

 

70代は純粋な老化の影響で血行が滞りがちになるほか、女性の場合は更年期後の影響も加わります。

 

頭皮の血行不良が気になる方はビタミンEやアーチチョーク葉エキスといった血行不良を改善する効果を持つ成分が配合されたシャンプーを使ってみましょう。

肌への刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーが適している

なお、頭皮の血行に関しては肌の色で確認できます。

 

血行が正常なら頭皮は白い色をしていますが、不良になっている場合には赤みを帯びています。

 

頭髪があるので見にくいですが一度確認してみましょう。

 

全体的に薄毛が気になる場合には栄養分を補うことができるシャンプーを使ってみましょう。

 

先ほど挙げたビタミンE、アーチチーク葉エキスだけでなく毛髪を作っている毛根の細胞を活性化させるセンブリエキス、頭皮の保湿や炎症の改善に効果が期待できるヒアルロン酸、アロエエキスなども70代の頭皮ケアにオススメの成分です。

 

こうした汚れを落とすだけでなく、有効成分を「与える」環境づくりを意識して市販のシャンプーを比較検討してみてはいかがでしょうか。

 

もうひとつ忘れてはならないのが頭皮への刺激です。

 

市販のシャンプーの多くには合成界面活性剤が使用されており、洗浄力に優れている一方で肌への刺激が強いという難点を抱えています。

 

頭皮だけでなく肌全体が刺激に敏感になっている70代にはこうした合成界面活性剤が使用されていないアミノ酸系のシャンプーが適しています。

 

これまで挙げてきた有効成分も踏まえたうえでできるだけ負担をかけずに頭皮環境を改善していけるような製品を選んでいきたいところです。

  • 70代のシャンプー選びでは頭皮の健康を改善・維持すること踏まえたうえで製品を選ぶこと
  • 刺激に敏感になっている70代は合成界面活性剤が使用されていないアミノ酸系のシャンプーがおすすめ

コスメルジュ編集部が選んだ70代におすすめの化粧品>>