70代におすすめの白髪染め・ヘアカラー

マイナチュレ カラートリートメント

2018上半期@コスメヘアカラー1位!染める&ケアのオールインワンが魅力

マイナチュレ カラートリートメント

@コスメで1位になっていたのでこちらを購入しました。普通のトリートメント感覚で髪に馴染ませ10分置き流すと、白髪もきれいに染まっています。まばらに染まっている感じもなく、不自然に真っ黒でもありません。またカラー剤を付けると髪のダメージが気になりますが、こちらは傷むことなく逆にさらっとした仕上がりになります。

1つで4つ効果を発揮する業界初のオールインワンケアカラートリートメント。どのような白髪でも染まりやすいよう染料成分を配合し、たった1回の使用でも自然に染め上げてくれる特徴があります。また染まりの良さだけではなく、無添加で体に負担の少ない植物由来成分を使用しているので、頭皮や髪に優しいのも魅力。70代敏感肌も安心して使えるヘアカラーです。
9.460円・税別/定期初回3,980円(2回目以降6,760円)税別
公式HPへ

 

資生堂 ティアラ クリームヘアカラー

しっかり染まって色ツヤ長持ち!ニオイが少ないクリームタイプのヘアカラー

資生堂 ティアラ クリームヘアカラー

カラー剤独特のツンとしたにおいが苦手ですが、ティアラ クリームヘアカラーはほとんどにおいません。少し固めのクリームなので髪の毛1本1本にしっかり馴染み、またコーム型なので髪の量が多い私でもムラなく染めることができました。カラーも6色あったので自分に合う髪色を見つけられてよかったです。

たった10分で深染めできる!コーム&ブラシ型ヘアカラー。においが少ないクリームタイプのカラー剤が染めたい箇所にピタッと密着。放置時間は10分でしっかり染め上げ、色ツヤを長持ちさせてくれる特徴があります。またカラーは6色から選べるので、自分のイメージに合った色を見つけることができます。カラー剤の独特のにおいが苦手・・という方におすすめです。
1,100円・税込
公式HPへ

 

グローイングショットカラートリートメント

手軽に染めて髪のダメージ補修!頭皮ケアも出来るPOLAのカラートリートメント

グローイングショットカラートリートメント

ポーラのカラートリートメントだけあって香りがすごく良い〜。1回でも染まりますが、回数を重ねることでより深くなるので染め過ぎたーなんてことがないのがよかったです。肌にも優しいそうで、敏感肌ですが頭皮が痒くなることもなかったし、首や耳についてもしっかり流せば問題なく使えました。

髪のダメージを補修しながら白髪を染めるカラートリートメント。カラー成分が髪の内部にしっかり入り込むので1回の使用でも染まり、さらに使えば使うほど深く色づくのが特徴です。またポーラならではの美髪成分が配合されているので、頭皮環境を整えツヤのある髪に仕上げます。シトラスを効かせたフローラルの香りで、トリートメント感覚で使用できるのも人気の理由です。
3,190円・税込
公式HPへ

 

※@コスメや楽天レビューなどを参考に自分たちで実際に使ってみた感想、アンケート結果を元に70代に評価の高かった白髪染め・ヘアカラーを独自に選んでみました。
掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋しております。価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

 

グローイングショットカラートリートメント 76歳 混合肌

1.その時のあなたの肌の状態と悩みは?

グローイングショットカラートリートメント口コミ

白髪が目立つようになりました。1ヵ月に1回美容室に行っていましたが、髪のダメージも気になるしやはり面倒なので自宅でケアできればと思っていました。

 

2.その白髪染め・ヘアカラーを選んだ理由

口コミもよかったし白髪を染めながらトリートメントができるところに惹かれました。

 

3.使い心地、刺激、香りなど第一印象は?

シトラスの香りが爽やかで白髪染めっぽくないです。シャンプーの後軽くタオルドライをしてこのカラートリートメントを馴染ませます。ピタッと髪にとどまるので染め残しが少なく1回の使用でも本当によく染まります。ただトリートメントの量は結構使うかも・・。私の毛量が多いからかもしれませんが。

 

4.使って良かった点、悪かった点

洗い流し乾かすと髪がサラサラ。カラー後の感じはしません。色の持ちもいいので何度も染め直す必要もなく、ストレスなく使えます。

70代の白髪染め・ヘアカラー選びのポイント

白髪染めといえばかつては染めると黒々として不自然になってしまう、髪の毛がベッタリとしてしまう、臭いが気になる…といったマイナス点が指摘されていました。

効果の強い白髪染めを使うと染まりすぎて不自然になってしまうことが

しかし現在ではこうした難点もなくより自然に染めて違和感なく仕上げられる製品が増えています。

 

そんな白髪染め・ヘアカラー選びではまず自分の髪質をよく確認しておくことが大事です。

 

パーマとも共通していますが、髪質によって染まりやすさに差がでできます。細い毛や傷んでいる毛は染まりやすく、太く丈夫な毛は染まりにくいのです。

 

70代になると老化の影響で細くハリのない毛髪になっていることが多く一般的に染まりやすい傾向が見られます。

 

ですから毛髪の状態によってはあまり効果の強い白髪染めを使うと染まりすぎて不自然になってしまうこともあるので注意しましょう。

 

これは使い方ともかかわってくる問題で、白髪染めを毛髪につけたあと長い時間置き過ぎてしまうと不自然に染まりすぎてしまうケースも出てきます。

 

製品に書かれている放置時間を守るのが大前提ですが、自分の毛は細くて染まりやすいと思っている方はやや短めにしてみるなどの調節も検討してみましょう。

 

またどれぐらいの色合いで染めたいのかは白髪の量によっても違ってきます。

 

毛髪のほとんどが白髪になっている場合と部分的に白髪になっている場合とでは染まり方にも違いが出てくるのです。

ヘアカラーは黒だけでなくカラーバリエーションも豊富なのが魅力

基本的に白髪の量が多い状態のほうが染まりやすく、部分的な白髪は製品のカラーよりもやや暗めに染まります。

 

ですから白髪が多い場合には自分が希望するカラーに合わせて製品を選んでも問題ありませんが、部分白髪を染める場合には希望するカラーよりもやや明るめの製品を選んだ方が期待した色合いになりやすいでしょう。

 

この点はなかなか難しい部分でもありますが、白髪ではない髪の色との調和も意識した上でしっかり選んでみましょう。

 

白髪が少ない方は白髪染めではなくヘアカラーで染める方法もあります。

 

こちらはヘナのように毎日シャンプーしながら染めていくことができるものもあり、自然な仕上がりが魅力です。

 

ただその分白髪染めに比べると染まり方が甘く、期待したほど白髪を隠すことができない場合もあります。

 

この辺りはどの程度まで白髪を隠したいのかも踏まえたうえでどちらが自分に向いているのかを選ぶことになるでしょう。

 

またヘアカラーの場合は黒だけでなくカラーバリエーションが豊富なので思い切ってカラフルな色に仕上げるといった選択肢も出てくるでしょう。

 

70代ならカラフルなおしゃれも楽しめますから、単に白髪を染めるだけでなく、髪の毛そのものを魅力的に演出することも考えてみてはいかがでしょうか。

  • 70代はあまり効果の強い白髪染めを使うと染まりすぎて不自然になってしまうこともあるので注意
  • 白髪が少ない方は白髪染めではなくヘアカラーで染める方法もおすすめ

コスメルジュ編集部が選んだ70代におすすめの化粧品>>

コスメルジュ編集部厳選!70代で使いたい人気化粧品

B.Aベーシックセット(トライアルセット)

B.Aベーシックセット

2週間でここまで変わる!エイジングケアのTopブランドB.Aの効果をラインで贅沢に
2週間お試しセット11,000円・税込 ※通販限定
詳しくはこちら!!>>

資生堂 プリオール(トライアルセット)

シミ・しわ・たるみ…大人の七難をケアして隠す70代のための資生堂のブランド
7日間お試しセット1,100円・税込 ※通販限定
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
詳しくはこちら!>>

サントリー エファージュ (トライアルセット)

70代の目元口元のたるみに効果的な奇跡の酵母エキスを配合した化粧品
7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム ・洗顔料 ・保湿化粧水・美容液・保湿クリーム・日中用クリーム)
詳しくはこちら!>>