70代で使いたいアイシャドウ・アイメイクの選び方・使い方

70代でも若々しくメイクを楽しみたい、そんな方はアイシャドウ・アイメイクにこだわってみましょう。目元はシワやたるみができやすく、どうしても老けてみえてしまう原因になる部分ですが、逆に言えばこの場所のメイクをこだわってみるだけでずいぶんと若々しく見えるものです。

70代はナチュラルで明るいアイメイクを心がけること

70代で使いたいアイシャドウ・アイメイク

ただ注意したいのはやり過ぎないことです。

 

アイメイクといえばブラウンやグレーなどで目を強調するようなメイクがイメージされますが、それは若い頃だからこそさまになるもので、70代の目元にこうしたメイクを行ってしまうとかえって疲れて老けた印象になってしまう恐れがあります。

 

あくまでナチュラルに、全体を明るく見せるようなメイクを心がけましょう。年齢を重ねるとくすみが全体を暗く見せ、それがやつれた印象に見せてしまうことも多いだけに陰影よりも明るい印象を重視したメイクを意識することがポイントです。

 

そのためにもアイシャドウは明るい色、白やベージュ系を使いましょう。ピンク系統の色もよいですが、あまりピンクが強いと年齢に相応しくないので注意したいところです。

 

また、パールが入っていると華やかな印象になりますが、あまり粒子が大きいものを選ぶと過剰なメイクになってしまうのでパールの粒子が細かく派手にならないものを選びましょう。

 

あまり派手なメイクは避けた方がよいのですが、一方でアイラインの輪郭をしっかりと描いていく工夫も大事です。

70代はアイラインで輪郭をくっきりさせることがポイント

70代で使いたいアイシャドウ・アイメイク

シワやたるみなどの影響から顔全体の輪郭がぼやけてしまっているのもこの世代の悩みのひとつ。目元の輪郭をしっかりと描くだけでもぜいぶんと引き締まり、若々しい印象をもたらすことができます。

 

目の際のアイラインはくっきりと描いていくよう心がけましょう。

 

少し太めのアイラインでも問題ありません。くっきり描きすぎると不自然になってしまうのでは?と不安に感じる方は2〜3色程度を組み合わせながら行うと自然に仕上げることができるでしょう。

 

このアイラインはやわらかめのものを、リキッドよりもペンシルの方が描きやすいのでおすすめです。リキッドだとどうしても目元がシャープになってしまい、少々不自然になってしまうので気をつけたいところ。

 

このようにアイメイクはまず全体を明るい印象に仕上げつつ、輪郭をくっきりさせることがポイントです。

 

そのうえで眉毛を描けばきりっとした顔立ちで輪郭がぼやけた印象を整えることができるでしょう。あくまで自然に、明るさで若々しさを演出できるようなアイメイクを心がけてみましょう。

  • 70代のアイシャドウ選びでは明るい色、白やベージュ系がおすすめ
  • 70代はアイラインを描くだけでも目元が引き締まり、若々しい印象をもたらす
  • アイラインはリキッドよりもペンシルの方が描きやすいのでおすすめ

コスメルジュ編集部が選んだ70代におすすめの化粧品>>